妖精⊸ロケット

あたしの世界は望むがまんま

きまぐれ、美少女、ランダムウォーク。

ネコよりもきまぐれな平面の中の美少女。

それをまなざす、飽きっぽいオタクの欲望。

現代科学は、オタクの欲望によって生まれては忘れられていく平面の中の美少女たちを、162個の数の並び―ベクトル―で表す事に成功した。

一人一人の美少女は全く別れた別の存在に見えるけれど、ベクトルとベクトルの間―美少女と美少女の間―には連続的に変化する無限個のベクトルが―つまり無限人の美少女が―存在する。

一人一人の美少女は確固とした個性のある存在に見えるけれど、あるベクトルの近傍には、よく似た、しかし異なるベクトル―つまり美少女―が無限に存在する。

美少女を表現する162次元の空間上を「ゼロ点」からランダムウォークし、連続的にきまぐれな雲のように移ろう、40人の「美少女」。
出発点は同じでも、どの美少女も、どの時点でも異なる。

http://make.girls.moe/


(→別の表現

CC BY-SA 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 4.0 International License.

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2018 妖精⊸ロケット

テーマの著者 Anders Norén